1. トップ
  2. 会津地酒は何故美味い

会津地酒は何故美味い

  • もはや日本酒シーンで会津は無視できないほどの数々の良質なお酒を生み出している。
    そもそも、会津の地酒はなぜ美味しいのか?

会津の地酒はなぜ美味しいのか

  • 酒造りにおいて大切なこと。
    それは「良い米」 「良い水」 「良い風土」。

    会津盆地は四方を山々に囲まれ、扇状地形が広がる肥沃な土地。
    大小さまざまな河川が流れ、豊富な地下水を貯えたこの地は、良質の米を産し、良質の水が湧き出しています。


    また、盆地特有の内陸性気候は会津に四季の変化と積雪の多い厳しい冬を招きます。

    酒造りに最も恵まれた条件を供してくれる会津の風土や環境、そして、長い年月を掛け、培われた酒造りの技術と会津人の頑固な気質が溶け合って醸造された。

    それが今日の会津清酒なのです。



    ~会津若松酒造協同組合HPより~
  • 会津若松市は、市内に15もの蔵元を抱える有名な酒どころです。
    会津地方も含めると約40軒の蔵元がありますが、その数は福島県内の蔵元の約半数にあたります。

    ダイニングでは、会津の魅力である「美味しい酒」をお楽しみいただけます。
    会津地方の地酒を常時30種類以上取り揃えてお待ちしています。

お酒を選ぶ楽しさ、味わう楽しさ、語る楽しさ。ぜひ体験してみてくださいませ。

平成29酒造年度版全国新酒鑑評会 金賞受賞酒販売開始いたしました♪

  • 平成29酒造年度版全国新酒鑑評会 金賞受賞酒販売開始いたしました♪


    毎年恒例の全国新酒鑑評にて6年連続福島県は金賞受賞酒数「6年連続日本一」を達成いたしました!!
    6年連続は史上初の快挙とのこと、おめでたいですね~!!

    くつろぎ宿では、会津の地酒を応援しております★
    金賞受賞酒も毎年販売しておりますが、2018年版も販売となりました♪
  • 今年は

    「大吟醸 田島」
    「ササ正宗 大吟醸」
    「栄川 大吟醸 榮四郎」

    がくつろぎ宿には初登場です♪


    笹正宗酒造は8年ぶりの受賞となります!

    喜多方ラーメンで有名な、喜多方市の酒蔵「笹正宗」はで創業200年、兄弟で酒造りを行う酒蔵です。
    夜のこうじ管理を分担することで管理体制が充実し、きめ細やかな温度調節を行ったことが、受賞への大きな力となりました。
    また、金賞受賞には珍しく、地元産の酒造好適米「夢の香」を用いたお酒とのこと。
    ぜひお試しいただきたいです♪


    当館にお泊りの際はぜひ、お試しくださいませ。

    ※貴重なお酒のため数量限定となります。
一生青春 別撰大吟醸1合 1,500円

■曙酒造■会津坂下町

豊かで瑞々しい甘味と華やかで心地いい香りで全体のバランスをとるお酒。
丁寧で清潔な造りから生まれる透明感あふれる清きお酒を目指しています。
ササ正宗 大吟醸1合 1,800円

■笹正宗酒造■喜多方市

夜のこうじ管理の分担ときめ細やかな温度調節により念願の8年ぶりの金賞受賞。
喜多方産夢の香米を主原料に拘り仕込んだ大吟醸。
上品な甘み香りが特徴。
大吟醸 鑑評会出品酒1合 1,800円

■名倉山酒造■会津若松市

鑑評会で金賞受賞を続ける名倉山を代表する吟醸酒。
五味の調和がみごとな理想の酒と呼ばれる自信作。
金紋会津 大吟醸 田島1合 1,500円

■会津酒造■南会津

恵まれた自然環境を巧みに生かしながら良質の水と米、そして卓越した蔵人の技で作られた酒。
吟醸香と低温でゆっくりと発酵させたまろやかな味わい。
弥右衛門 大吟醸1合 1,800円

■大和川酒造■喜多方市

華やかな果実のような香りと、瑞々しく警戒で綺麗な甘み、爽快なキレ味を併せ持った日本酒の芸術品ともいえる至高の一品。
大吟醸 學十郎1合 1,800円

■豊国酒造■会津坂下町

創業者の名前を冠し、山田錦の原材米を40%まで精米し長期低温発酵させた、芳醇な香りと繊細な味わいの大吟醸酒。
国権 特撰大吟醸1合 1,800円

■国権酒造■南会津町

袋吊り無加圧で落ちた滴を低温でゆっくり熟成させた酒。
瑞々しい華やかな香りが柔らかできめ細かい口当たりが特徴。
大吟醸 榮四郎1合 2,400円

■榮川酒造■磐梯町

すっきりした中にもまろやかで柔らかな口当たり。
榮川の酒造りの粋を集めた杜氏入魂の一品。